物流バイトで筋トレしながら稼げるのか?【学生時代の経験からお伝えします】

これからバイトを始めようと思ってる学生の皆さんで、物流バイトで筋トレしながら稼げないかなーと疑問に思った方に向けて、私自身の学生時代の経験からお伝えしますので、是非一読してみてください!


この記事を読むことでわかること

物流バイトをしながら効率よく筋トレする方法がわかる
物流バイトで筋トレするイメージがわく

某大手物流の配送センターでバイトしてた話

学生時代に某大手物流の配送センターで3カ月ほどバイトをしていました。
物流バイトは意外と時給が高かったり、体力がついたり、いつの間にか筋肉モリモリになってたり 学生にとっては都合の良いバイトかもしれませんね。
私自身は、筋トレはあまり好きではなかったので、せめてプロテインだけ飲んでおこーって感じだったのですが、3カ月でも友達に指摘されるくらいには筋肉がつきました(笑)
私がいた配送センターの社員さんのほとんどは結構いい体つきで、休憩中にプロテインと筋トレをしている人が多かったです(笑)

まずは、以下でおおまかな1日の仕事の流れを細かく記していきますので、物流のバイトを検討しているかたは参考にしてみてください!

物流バイトの1日の流れ

  ①出勤のタイムカードを切る

各物流の会社によってだったり、センターによって違うかもしれませんが、私が働いた物流会社の配送センターではタイムカードで出退勤を管理していました。

  ②着替え

着替え室はあるところにはあるようですが、私がバイトをした某大手物流の配送センターには男性用の着替え室はあってないようなものでした。
男性現場な部分があることと、お客様からは基本見えない位置での着替えなので大丈夫かと思いますが、ほぼプライバシーはないと思った方がいいかもしれません💧
また、荷物も平置きだったりするので貴重品等の管理は気を付けて下さい!

  ③機器の確認

物流のバイトということで、荷物のデータ管理をしたり、お客様からの再配達の依頼が来る携帯電話をもって仕事をします。そのため、機器が正常に使えるか、何か大事な連絡が入ってないかなどを事前に確認する時間があります。

  ④準備体操

物流は体を使う仕事です。万が一の時にけがをしないように、仕事前の準備体操をするところが多いです!
面白い社員さんがいれば、コミュニケーションをとる時間にもなって、1日楽しく仕事ができるきっかけになることもあるので大事な時間ですね!

  ➄台車の確保

これは超大事です!!
その日一日使う台車です。がたつきがあったり、すこし古くなっていたり、ちゃんとまっすぐ進んでくれなかったりすると作業効率も落ちますし、良い台車を使ったときに比べてかなり疲労感が変わってきます。
社員さんは自分の台車を持っていたりしますが、バイトだと状態があまりよくないものを使わなければいけないということもあります。ですが、使いづらいと感じたらすぐに相談してできるだけいい台車を使えるようにしましょう!

  ➅仕分け

仕分けは物流のアルバイトでよくきくと思います。
その日配送する荷物を各エリアごとに振り分けていきます。はじめは時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば短時間で仕分けをして、他の人を手伝うなんてことも可能です!
ちょっとしたところで協力してあげることで、あとあといいことが…

  ⑦配送

仕分けを終えたらいよいよ荷物を届けていきます!
個人宅はもちろん、企業に配達にいったりします。企業の場合、荷物を届けると同時に集荷を頼まれることもあります。
これが意外とやっかいだったり…
企業によっては重いものだたり、数が尋常じゃないくらい多かったり、何回も呼び出しがかかったりして配送効率が激落ちすることがあるんです。

配送はとにかく効率が命!

お昼休憩は基本各自で時間を確保して食事を済ませるわけなんですが、効率よく回ればお昼の時間が長く取れることもあるし、午後の業務が割と余裕~なんてことも可能になるので、配送はとにかく効率が命です!

効率よく回るコツ

・うまく配送ルートを組む
・走る!(注意しながら)
・一回で沢山運ぶ(筋トレ!)
・手伝ってもらう(④準備体操や➅仕分けでの行いがここにめっちゃ効いてくる)
・お客さんの在宅時間を把握しておく
・企業の配送と同時に1日の荷物状況の確認を済ませる(何回も行かなくて済むように)

  ➇お昼休憩

午前の配送が終わったらお昼休憩の時間です!
社員さんとのコミュニケーションや、午後のルートの確認などもここで済ませておきましょう!
荷物の量が多いときはここで社員さんなどに頼んでおくと、しょーがないな~って言って手伝ってくれる場合もあるので、積極的にコミュニケーションをとっておくといいですよ!
このタイミングでプロテインを飲んだり、筋トレをしてる人がいたりしたのは物流ならではの光景でした(笑)
ほとんどの社員さんが、「毎日荷物運んでるんだからこれ飲んどけば自然と筋肉ついてるっしょ!」って感じでしたね(笑)

  ⑨午後の配送と集荷

お昼休憩を終えたら午後の配送と集荷をしていきます。企業によっては毎日決まった時間に集荷を依頼しているところもあるので、それを踏まえたルート組をしておきましょう!
また、午前の配送の時に1日の荷物の状況を聞いておけば、午後の集荷先が1つ削られるので、その分配送効率を上げることが出来ます!
そして、この午後の配達の時が一番イレギュラーなことが起こりやすいです。
例えば、回っている途中に声がかかって誰かの集荷を手伝いに行ったり、お客さんから再配達の電話がきたりします。
こうなると、ほぼ休憩するタイミングはなくなります💧
走る⇒集荷⇒走る⇒配送⇒集荷⇒走る
みたいな、永遠それの繰り返しになることもあります(笑)
そりゃ体力も筋肉もつくわけだ。

ストイックな人は、荷物と自分の体の距離を離したり、少し高い位置で持つようにしたりして筋トレしてる人もいました(笑)
腕も胸筋も背筋もエグかったです(笑)

  ➉1日の閉めに入っていいく

お概ね午後業務が終わったら、
・伝票整理
・残ってる荷物の管理
・センター掃除
・連絡事項の共有
・時間外に電話してくる人の対応
これらを手分けして行い、1日の閉めをしていきます。

荷物量が少なかったり、効率よく回れた日には時間があまって談笑する時間があるなんてこともありました!
1日の作業負担が軽かったから追いジムに行くって人もいてさすがに引きました(笑)

  ⑪退勤

終わりの時間はわりと毎日決まった時間で帰れるので、1日中からだを動かしても休息の時間をしっかりとることができると思います!

かなり細かいところも挙げていきましたが、物流のバイトの1日はこんなところです!
流れを見てわかったと思いますが、とくに意識しなくても必然と体力も筋肉もつくのが物流のお仕事です(笑)
勝手に体力も筋肉もついていくのに、時給もそこそこいい
物流のバイトは学生にとって一石二鳥かもしれませんね!


物流のバイトで筋トレが出きる瞬間・方法

荷物と自分の体の距離を少し開けて持つ
階段を上る時に1段飛ばす
何も持ってない時は走る
すきをみてプロテイン摂取!
重いものを率先して運ぶ
仕事終わりの追い筋トレ
食事制限

*荷物に傷をつけたり、自分の体を壊したり、お客様に迷惑をかけたりしないよう細心の注意を払って行うこと
筋トレできそうな瞬間を挙げているだけで、100%で推奨することはできません。あくまでご自身で判断して行ってください。


最後に

いかがでしたでしょうか、物流バイトをしながら筋トレができそうだなーって感じましたよね?
そして、物流のバイトに対するなんとなくのイメージがわいていれば幸いです。
物流のバイトはいやでも筋肉がつきますし、それに加えて筋トレを意識することで より筋肉マッチョに近づくことが出来るようになるでしょう!
最悪、プロテインだけでも飲んでおけばなんとかなるのかもしれませんが…(笑)

~お子さんが物流のバイトをしようとしている場合~
バイトでお金を稼ぎつつ筋トレができるということで、物流のバイトをしようとするお子さんが増えています。中には筋トレを追求しすぎて体調に支障をきたすケースもあるようです。ほどほどに仕事をして、ほどほどに筋肉マッチョになるように、ご家庭では食事の管理など適切なサポートをしてあげてくださーい(笑)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。