ドライバーコンテンツ

トラック運転手のトイレ対策を徹底解説|6種類のトイレ施設も紹介

アバター

ami

物流CEOナカノヒト-ami-「私たちは物流業界の発展に寄与すべく、物流経営者・ドライバー向けに価値ある情報を発信します!」各種SNSのフォローもお願いします!

こんな悩みはありませんか?

  • 大型トラックでも駐車できるトイレ施設が知りたい
  • 尿意を我慢する方法を教えてほしい

 

物流CEOがこのような声にお応えします。

この記事を読むと?

この記事でわかること

  • 大型トラックでも駐車できるトイレ施設が知れます!
  • 尿意を我慢する方法が分かります

大型トラックは駐車できる場所も少なく、トイレを探すのにも苦労しますよね。

 

そこで今回は、トラック運転手におすすめのトイレ施設や、尿意の我慢の仕方などを徹底解説していきます。

 

トラック運転手になったばかりで、トイレに関して心配な方は、ぜひ一読してみてください。

トラック運転手ができる3つのトイレ対策とは?

大型トラック運転手になると、長距離での移動が多くなりますよね。トイレにいきたくても駐車場が見つからなかったり、渋滞にはまったりすることも頻繁にあります。

 

今回紹介するトラック運転手ができる3つのトイレ対策は次の通りです。

  • 運転前には必ずトイレにいく
  • 利尿作用のある飲み物を飲まない
  • 出発前にトイレにいく計画を立てておく

 

トラックを運転する前には、しっかりとトイレ対策をすることで快適なドライブができます。

運転前には必ずトイレにいく

トラックを運転する前には、必ずトイレをしておきましょう。運転中にトイレにいきたくなっても、トラックを停められる駐車場はなかなか見つかりませんよね。

 

トラック運転手は一般的なドライバーに比べて、トイレに困る可能性が高いです。渋滞に巻き込まれることや、駐車場が見つからないことなど、あらゆることを想定して動きましょう。

 

ほとんどのトラックドライバーは運転前にトイレをしています。トラブルを防ぐために、必ず運転前にはトイレにいってください。

利尿作用のある飲み物を飲まない

トラックを運転する15分前からは、カフェインの含まれている飲み物は控えてください。カフェインには利尿作用があるため、トラック運転中に頻繁にトイレにいきたくなるかもしれません。

 

カフェインが多く含まれている飲み物は、以下のようなものがあります。

 

  • コーヒー
  • エナジードリンク
  • 紅茶
  • お茶
  • コーラ

 

トラックを運転するときには、ノンカフェインやカフェインレスの飲み物がおすすめです。尿意をもよおす成分が入っていないため、快適にトラックを運転できます。

出発前にトイレの場所を把握しておく

長距離運転をするときには、事前に大型駐車場があるコンビニエンスストアや、サービスエリアなどの場所を把握しておきましょう。

 

渋滞などに巻き込まれても、トイレの場所がわかっていると臨機応変な対応ができますよね。運転中にトイレ施設を探すことは、事故につながる可能性があるため、やめてください。

トラック運転手が利用している6種類のトイレ施設

トラックを運転するときには、あらかじめトイレ施設を知っておきましょう。大型トラックでも駐車ができるトイレ施設には、大型物流施設など一般的には馴染みのないものまであるからです。

 

トラック運転手が利用している6種類のトイレ施設は、以下のようなものがあります。

 

トイレ施設

大型駐車場

特徴

ガソリンスタンド

あり

ただし、田舎に限る

トイレの数は少ない傾向

コンビニエンスストア

あり

ただし、田舎に限る

トイレが利用不可の可能性もある

大型物流施設

あり

トイレの利用に許可が必要

道の駅

あり

ただし、大型施設に限る

観光施設でもあるため、トイレがきれい

大型スーパー

あり

ただし、少ない

複数のトイレが備わっているため、待つことがない

サービスエリア

あり

高速道路に一定間隔である

 

中心街や駅前など建物が密集している地域では、コンビニエンスストアやガソリンスタンドの敷地面積が狭く、トラックは駐車できません。一方で田舎だと駐車場が広いため、大型トラックを停めることができます。

 

トラックの運転前にGoogleマップで、ルート上にあるトイレ施設の場所や、駐車場の広さを確認しましょう。

 

緊急時にはペットボトルトイレが便利

コンビニエンスストアやガソリンスタンドが見つからないときは、ペットボトルトイレがおすすめです。運転席でも排尿ができるため、トイレを我慢する必要がありません。

 

ただしペットボトルトイレは緊急時のみの利用にしてください。ペットボトルトイレは以下のようなトラブルを引き起こす可能性があるからです。

 

  • ペットボトルから尿があふれる可能性がある
  • 尿が飛び散ってしまう可能性がある
  • 尿をこぼしてしまう可能性がある

 

ペットボトルトイレは車内でできるメリットがある一方で、手が洗えないなどのデメリットがあります。できるだけトイレ施設で排尿するように心がけましょう。

 

トイレ我慢方法「肛門に力を入れて緩めるを繰り返す」

どうしてもペットボトルでトイレをしたくないなら、尿意を我慢する方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

尿意のコントロールには、肛門に力を入れて緩めるという動きを繰り返えすことが最適とされています。肛門の運動をすることで、膀胱の異常収縮を抑えられる効果が期待できるからです。

 

女性は肛門と膣あたりを締めて、緩めるという動きを繰り返し行うことが、おすすめと言われています。

 

どうしてもペットボトルトイレを使いたくないのであれば、ぜひ試してみてください。

トイレを我慢しずぎると膀胱炎になる可能性がある

尿意を我慢しすぎると、膀胱炎になる可能性があるので気をつけてください。

 

膀胱炎は細菌の繁殖が原因です。膀胱に尿をためすぎると細菌が繁殖し、炎症を引き起こす可能性があります。

 

膀胱炎になると、以下のような症状が出るかもしれません。

 

  • 頻尿
  • 排尿痛
  • 血尿

 

こまめに排尿をすることが、膀胱炎の予防につながります。コンビニエンスストアやガソリンスタンドなどに立ち寄ったときは、できるだけトイレをしておきましょう。

 

トラック運転手のトイレ対策【まとめ】

今回は、トラック運転手が仕事をする上で困ることが多いトイレ対策についてご紹介してきました。

トラック運転手が出来る3つのトイレ対策

  • 運転前には必ずトイレにいく
  • 利尿作用のある飲み物を飲まない
  • 出発前にトイレにいく計画を立てておく

 

トラック運転手が利用するトイレ施設

  • ガソリンスタンド
  • コンビニ
  • 大型物流施設
  • 道の駅
  • 大型スーパー
  • サービスエリア

大型トラックを駐車できる施設は、限られています。そのため、運転する道のりの中で、休憩する場所をあらかじめ決めておくことをおすすめします。

トイレ休憩をする上での参考になれば幸いです。

 

トラックの運転前には、しっかりとトイレの場所を把握して、計画的に行動してください。

 

尿意を感じたタイミングでトイレをすることがベストです。もしコンビニエンスストアや道の駅がなかったら、ペットボトルトイレでも構いません。

 

トイレを我慢しすぎて、尿漏れや膀胱炎にならないように気をつけてくださいね。

 

\ 【限定3社】物流企業のPRをお手伝い!「経営者インタビュー」を無料で実施中! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ami

物流CEOナカノヒト-ami-「私たちは物流業界の発展に寄与すべく、物流経営者・ドライバー向けに価値ある情報を発信します!」各種SNSのフォローもお願いします!

-ドライバーコンテンツ
-,

© 2022 物流CEO

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
物流企業の『PRが無料』でできる!【物流CEOインタビュー】
物流企業の『PRが無料』でできる!【物流CEOインタビュー】