【引越し、配送などの派遣アルバイトでのコツ】物流の現場で派遣アルバイトに求められること

引越しや配送系のアルバイトを連休中や夏休みなどで入る人はたくさんいます。しかし、初めてそのようなバイトに入る人は誰しもが緊張すると思います。私自身も派遣に初めて行ったときはとても緊張していました。新しくいく現場で不安になってしまう人や物流の現場での派遣が初めてという人のために派遣の現場で派遣アルバイトに求められることをいくつかまとめてきたので紹介します。

この記事を見てできるようになること

まず初めに、引越しや配送の派遣アルバイトを周りでやっている友人に話を聞くと「力仕事だからきつい」や「雰囲気が良くない」などの話を聞く人がいるかもしれません。

ですが、仕事内容を理解し、容量をつかむことが出来れば効率よくお金を稼ぐことが出来ます。

派遣アルバイトを有意義なものにできるようにしていきましょう!

経験者から言えること

私自身も派遣で引越しや配送業務などを行ってきました。

最初は正直、様々な面できつかったです・・

メリット

・シフトが固定ではないため効率よくお金を稼ぐことが出来る

・日給制度があることもあるため早上がりになってもお金を稼ぐことが出来る

・移動時間が長かったりするため実質働いている時間が多少短い

デメリット

・肉体労働が多い

・毎回仕事をする人が変わる場合が多い

・現場によって作業内容が異なってくる

 

しかし、これらのデメリットは容量をつかめばデメリットに感じなくなります。

次にこのデメリットを感じなくなるような派遣アルバイトとして意識する必要があるものをまとめてみました。

派遣アルバイトとしての意識

派遣先の現場は人手が足りてない場合がほとんどです。そのため現場の仕事内容や状況を把握して仕事に取り組み、現場で貢献していく必要があります。また、派遣会社との連絡や終わった後の業務報告などもしっかり行う必要になってきます。

作業内容の理解

派遣される前に現場の情報や作業内容の確認は必ず行う必要があります。派遣先で必要になってくる持ち物や電車移動をする場合などもあります。またどこに集合するかなども詳しく把握しておく必要があります。

ある程度の筋力、体力

正直ある程度の筋力や体力は必要になってきます。派遣先が派遣アルバイトと派遣先の社員の二人などで作業を行う場合、派遣アルバイトがモノを持てないと作業の全体が遅れてしまい派遣先にもそのお客様にも迷惑が掛かってしまいます。荷物を持った状態で階段を上り下りしたりする場合もあるため、ある程度の体力は必要になってくると感じます。そのため、筋力、体力に全く自信がない人は派遣の現場を今一度見直すことをお勧めします。

一般常識

派遣の現場でも派遣先のお客様がいます。当たり前のことではありますが、言葉遣いやあいさつ、返事、作業態度はしっかりする必要があります。

まとめ

今あげてきたことはもちろんですが、仕事内容を教えてもらったときに、相手のイメージと自分のイメージが違っている場合があります。双方のイメージの違いをすり合わせる確認作業を行うことでさらに作業内容の理解を理解することが出来ます。 この作業は派遣アルバイトだけではなく社会に出た際も使えるものなので派遣アルバイトだからといって適当にやるのではなく有意義なものにしていくことで自分のスキルアップの場と考えて派遣アルバイトに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。