トランコム×Chinoh.Ai【物流会社のM&A】提携

創業1959年6月22日。愛知県の総合物流企業であるトランコム株式会社(以下、トランコム)は2020年5月25日、中国先端技術を日本国内へ導入を行うChinoh.Ai株式会社(以下、Chino.Ai)と資本業務提携を行ったと発表した。

今後、日本の生産年齢人口の減少が予測される一方、物流の取扱件数は年々増加する傾向にあり、物流業界の労働力不足が深刻になっている。そのような物流業界における慢性的な労働力不足の解消のために自動化などの変革が喫緊の課題となっている。

Chino.Aiは、人口知能を活用した「次世代物流センターの自動化システム」の開発を中国のテクノロジー企業と進めており、物流業界の労働力不足解消に向けた先進的な取り組みを行っている。

トランコムは今回の業務資本提携により、物流センターにおいて最適な物流自動化を目指すとともに、最先端の物流技術を組み合わせた次世代型の物流施設の共同開発を目指す。

会社概要
社名  トランコム株式会社
代表者 代表取締役会長 清水正久
設立  1955年3月10日
所在地 愛知県名古屋市東区葵一丁目19番30号


会社概要
社名  Chino.Ai株式会社
代表者 代表取締役CEO 斎藤誠一郎
設立  2018年12月19日
所在地 東京都千代田区有楽町一丁目12番1号 新有楽町ビル11階

次はコチラ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。