川崎汽船×米コンテナターミナル運営子会社【物流業界のM&A】株式譲渡

創業1919年4月5日。日本の海運大手である株式会社川崎汽船(以下、川崎汽船)は2020年8月5日、子会社であるINTERNATIONAL TRANSPORTATION SERVICE, INC.(以下、ITS社)の川崎汽船保有株式すべてを、Macquarie Infrastructure and Real Assets(以下、MIRA)が運営する投資ファンドに譲渡すると発表した。

ITS社は、1971年以来アメリカカリフォルニア州ロングビーチ港においてコンテナターミナル事業を行っている。

川崎汽船は、従来から進めてきたポートフォリオ戦略の一環として、グループ会社戦略の見直しを進めており、今回の譲渡契約の同意に至った。

会社概要
社名  川崎汽船株式会社
代表者 明珍 幸一
設立  1919年4月5日
所在地 東京都千代田区内幸町2丁目1番1号

会社概要
社名  INTERNATIONAL TRANSPORTATION SERVICE, INC.
代表者 丸山嘉章
設立  1971年
所在地 1281 Pier G Way Long Beach, CA 90802, USA

次はコチラ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。