パッシングの意味とやり方について【時短で解説】

パッシングしてくる人がいるんだけどあれって何?
パッシングってどういうときにするの?

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むと・・・

明日から使えるパッシングのやり方や意味が分かります。
正しく使えば より安全に運転をすることが出来ます。

パッシングには様々な意味があり、高速道路や混雑した道での事故防止に役立てることが出来ます。

しかし、正しい使い方をしないとトラブルにつながる可能性もあります。

この記事ではそんなパッシングのやり方や意味について知ることが出来ます。

それではさっそくパッシングの意味についてみていきましょう!

パッシングの意味

パッシングには主に以下のような意味があります。

・お先にどうぞ!(対向車の左折等を促す)
・前に入っていいですよ~
・警告(無点灯を伝える,対向車のライトが眩しすぎる,人の存在を知らせるなど)

他にも使えるシチュエーションがあるかもしれませんが、この3パターンはよく使われるものなでの覚えておくといいです。

パッシングの使い方には注意!

むやみやたらにパッシングを使うとトラブルの原因になりかねません。

使い方には十分に注意しましょう。

次にパッシングのやりかたについてみていきましょう!

パッシングのやり方

パッシングのやり方は、


①ウインカーレバーを軽く1回手前に引くパターン
②    ”    を軽く2回手前に引くパターン



の2つがあり、いずれもハイビームで相手に意思を伝達します。

クラクションにはどんな意味があるの?

クラクションは感謝を伝える方法として使われることがありますが、ほとんどが危険を伝える時に使用されます。

*注意
前の車が遅くてイライラするから鳴らしたり、意味もなくむやみに鳴らすといった行為は法令違反になります。(道路交通法第54条2項)

<警音器使用制限違反>
罰金:3,000円(全車種)

特殊な意味が存在する?

深夜の高速道路などで、大型トラック同士でクラクションを鳴らし合っているのを見たことはありませんか?

大型トラックの運転手は深夜まで仕事があったり、深夜から早朝にかけての仕事をすることが多く、精神的にも肉体的にも疲労します。

そこで、互いの仕事を称え合ったりする一種の「コミュニケーションツール」としてクラクションを使用する場合があるようです。

とはいえ、むやみやたらな使用は法律違反になることがあるため注意が必要です。

まとめ

パッシングには「お先にどうぞ!」や「前に入っていいですよ~」などを伝えたり、「警告」を知らせる意味があります。

高速道路や混雑した道ではドライバー同士のコミュニケーションがとりにくく、認識の違いにが思わぬ大事故を招く可能性があります。

こうした大事故を未然に防ぐためにもその意味を正しく理解し、適切に「パッシング」を使えるようにしておきましょう。

長距離ドライバーであれば1度は利用したことがあるであろう道の駅。
そのなかでもおすすめの道の駅を厳選しました!

お昼休憩の楽しみを作りたい方は是非一読を!

成長産業である物流業界で企業したいと考えている方は必読の内容になっています!是非一読を。

運営:株式会社ユアルート 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。