商船三井×PKT【物流業界のM&A】株式取得

創業1884年。海運大手の株式会社商船三井(以下、商船三井)は2018年8月21日、マレーシアの総合物流会社であるPKT Logistics Group Sdn. Bhd.(以下、PKT社)の普通株式の14.27%を追加取得したと発表した。既取得分である20.86%とあわせ35.13%を保有する。

PKT社は、フォワーディング、通関、倉庫、陸送、流通加工および在庫・配送管理を含む総合物流サービスを提供する、マレーシアの総合物流会社である。

商船三井は、経営計画「ローリングプラン2018」にて、ロジスティクス事業をリソース重点配分分野としている。今回の株式取得で、今後も安定した成長を期待できるマレーシアおよびその周辺地域における、商船三井グループのロジスティクス事業基盤の更なる強化を目的とする。

会社概要
社名  株式会社 商船三井
代表者 池田潤一郎
設立  1884年
所在地 東京都港区虎ノ門2丁目1番1号

会社概要
社名  PKT Logistics Group Sdn. Bhd.
代表者 Dato’ Michael B. Y. Tio
設立  1974年
所在地 The Ship, No.1, One Logistics Hub, Persiaran Sungai Hampar, Section 32, 40460 Shah Alam, Selangor DE, Malaysia

 

次はコチラ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。