【物流業界】会計ソフト おすすめ3選

あなたの状況にあった会計ソフトを導入することで、劇的に効率が向上し、手間な作業はなくなります。今回は、物流業界におすすめの会計ソフトを3つ紹介しますので、是非ご検討ください。

この記事をみて分かること

  • 会計ソフトを用いることで今までの作業効率が向上する
  • あなたにあった会計ソフトが見つかる

計ソフトとは

会計ソフトとは、企業における会計専用ソフトのことである。

会計ソフトが行うことは多岐にわたり、決算業務や、予算管理から決算書作りまで行います。今まで多くの時間を割き行われてきた業務を会計ソフトに任せることで、無駄な手間をかけなくて良くなり、効率よい会社経営ができます。

現代はグローバル化が進行してきましたが、IFRS(国際会計基準)対応の会計ソフトもあり、これ一つでグローバル化に対応することができます。

会計ソフトを用いることで、常に企業の財務状況など様々な情報を確認することができ、企業の経営に非常に役立ちます。

これを使えば間違いない!おすすめ会計ソフト3選

1|マネーフォワード

一つ目は、会計業務を約1/2に削減するクラウド会計ソフト【マネーフォワード】 

マネーフォワードは、他の会計ソフトと比べて非常に高機能である上、安い金額で導入することができ、非常にコストパフォーマンスが良い会計ソフトです。

様々な機能を持っているマネーフォワードですが、初心者にも使いやすい仕様となっており、幅広い人気があります。

他のメリットとしては、充実した提携サービスと非常に安定のセキュリティがあげられます。

2|人事労務freee

二つ目は、クラウド給与計算ソフトウェアNo.1【人事労務freee】

人事労務freeeは、クラウド会計サービスとして有名なfreee株式会社が提供している会計ソフトである。

基本的な給与計算から、年末調整や助成金、納付書の作成まで幅広い機能を持っています。

従業員1人当たり300円で使用でき、かなりのコストパフォーマンスが良いと言えます。

人事労務freeeは、Web上ならどこからでも使える為、あなたのスマートフォンから使用でき利便性は非常に良いと言えます。

【人事労務freee】サイトはこちら!

3|弥生シリーズ

三つ目は、売上実績No.1!2人に1人が使う【弥生会計シリーズ】

弥生会計は、全体としてはユーザーが170万人と非常に多くのシェアを持つ会計ソフトです。

弥生会計は、個人事業主向け、中小企業法人向け、規模の大きな法人向けなど様々な種類の会計ソフトがあるのであなたにあった会計ソフトを選ぶことができます。

先に紹介した二つの会計ソフトと同様の機能を持つ上、弥生会計ではAIを駆使して、自動での仕訳を行います。

最後に

いかかでしたか?あなたにあった会計ソフトが見つかれば幸いです。

どの会計ソフトでも初めは無料キャンペーンを実施していることが多いので、色々と試してみてもいいかもしれませんね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。