転送電話サービスの設定をラクで安く済ませたい方必見です!【回線com】

転送電話サービスの設定方法をしりたい!
転送電話サービスで設定がラクで安いところが知りたい!
外出営業が多くて電話対応できないことが多くて困ってる。
外出スタッフ宛の電話が多くて業務の妨げになっている。
固定費をなるべく抑えたい

こんな方のお悩みにお答えする記事となっています。

本記事でご紹介する【回線com】のビジネスフォンを使うことで期待できること

・従来通りのままで 簡単に転送電話の設定ができる
・機会損失を防ぐことが出来る
・効率的に売上を伸ばすことが出来る

回線comとは?

回線comは株式会社サンシスコンが運営をするビジネスフォンサービスです。

このサービスを使うこことで外出時でも/日本どこにいても/クライアントからの電話を逃すことはありません!


回線COMのクラウドPBXは、「ひかり電話」と「クラウドPBX」「スマホアプリ」、グランドストリーム社の「IP電話機」の組み合わせで実現した新しいビジネスフォンサービスとなっています。

回線comの電話転送はここがすごい!

回線comの電話転送は6つもの0円があります。

  1. 工事費が0円
  2. 使い勝手そのまま
  3. 電話番号もそのままでいい!
  4. 営業時間外設定が0円!
  5. 拠点間通話はどこにいても0円!
  6. 保守管理費用も0円!

1、工事費が0円

回線comからビジネスフォンが届き、LAN配線を繋ぐだけの簡単設定で利用することができます!
ご自身で設定できるので工事業者の手配や配線工事等も一切いりません!

届いてすぐに設定をすれば その日のうちに設定を完了することが出来ます!

2、使い勝手そのまま

従来の会社にある固定器はそのままOK!
新たな機器の購入費用(0円)はかからない!


会社の外にいるときに持っているスマートフォンにアプリをいれるだけでラクに設定出来ちゃいます!


使用する機器は変わらないので使い勝手そのままを実現!


新しい機器への変更は操作性などに不慣れで結局効率があがらないという懸念がありますが、回線comの転送電話サービスであればその心配もいりません!

3、電話番号もそのままでいい!

使用する機器はもちろん、電話番号もそのままでOKです!
新しい番号の取得費用(0円)はかからない!

よくあるのは、機器が増えると新しい電話番号を作らないといなかったりしますが、回線comでは電話番号もそのままでOKとなっています。


本当に面倒な手続きがなくてラクですね~

4、営業時間外設定が0円!

通常の転送電話サービスの場合、営業時間外の設定は別オプションとなることがあるけれどそれも0円!

いったいどこにお金がかかるんでしょう….

5、拠点間通話はどこにいても0円!

電話をかける場所が東京/大阪/福岡など全国どこにいても拠点間通話は0円!

さらに、国内だけではなく海外であっても拠点間通話はどこにいても0円です!

*外線発信も同じ番号から発信可能(着信は0円)
*外線発信は所定の料金が発生します。

6、保守管理費用も0円!

基本料金だけで保守管理費が0円(無料)です!

通常は転送電話サービスを利用するだけで様々なオプション代がはいってくるのですが、回線comではほとんどが0円となっています。


転送電話の複雑な設定もなく”ラクで安い”が実現されているんです。

回線comと従来のビジネスフォン(ビジフォン)って何が違うの?

回線comと従来のビジネスフォン(ビジフォン)って何が違うの?と疑問に思った方もいると思います。

可視化してわかりやすくするために以下に表を用意してみました。

表を見てわかるように、回線comのビジフォンでは従来のビジフォンで出来なかったことのほとんどが出来るようになっています。

回線工事等があるとその為の人件費などがかさむのですが、回線comではそれすらないので本当に必要最低限のコストで固定費を下げることが可能になっています。

回線comの転送電話はあらゆる業界に対応!

回線comの転送電話はあるあらゆる業界に対応しています。

現代社会で電話を利用するシーンは数多くあることでしょう。そのすべてのシーンで回線comの転送電話が活躍してくれます。


とはいえ、電話をあまり使わないお仕事にいる方は大きな効果を感じないと思うので、既存のサービスをお使いになる方がいいのかなあ とは思います。

回線comの転送電話で大幅コストダウンを実現!?

回線comの転送電話で大幅コストダウンを実現することが出来るでしょう。
上記の表は従来のビジフォン導入までの初期費用と月額費用の比較になります。

転送電話サービスを利用するにあたってあとから付随してくるいらない部分をバサッとカットしているのでコストを限りなく抑えてくれています。

さらに、そもそもの料金も高額ではないことから大幅コストダウンが期待できるのではないでしょうか。

ただし、これまでの転送電話サービスになれていたり、ビジフォンに強い抵抗感があるかたは無理して導入しなくてもいいのかなあと思います!

不便に感じてから転送電話サービスの導入を検討するのでも遅くはないでしょう。

まずは料金チェック(導入検討の方はコチラ)

回線com導入検討はコチラから公式サイトにて料金の見積もりから導入まですることが出来ます。

まずは資料請求やお問い合わせで現状との比較をしてみるといいかもしれませんね!

さいごに

回線comの転送電話サービスは従来のサービスに比べて圧倒的コスト削減が出来る点が魅力的だと感じました。
とはいえ、電話が頻繁にかかってくることがあまりなかったり、従来のサービスに慣れている世代にとってはそこまで重要度が高いものではないのかな?とも感じてしましました。

というのも、ビジフォンがスマホであることが前提なので危機に不慣れな社員が多い現場などではかえって作業効率の低下が懸念される かもしれません。
まあ、電話だけなので変えられるなら変えたほうが圧倒的にコストが安くなりますしラクにもなるとは思いますが…

少しでも興味をもったかたは是非導入を検討してみてはいかがでしょうか。

回線com公式サイトはコチラ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。