物流とロジスティクスの違いはコレだ!【簡単にわかる!】

物流とロジスティクスって何が違うの?
物流とロジスティクスのお仕事は何か違うの?

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むと・・・

物流とロジスティクスの違いを知ることができる!

それぞれの言葉の意味における違いから、業務内容の違いについて詳しく説明していきます。

それではまずは物流とロジスティクスの違いについて大まかに見ていきましょうか。

「物流」と「ロジスティクス」

物流とロジスティクスはどちらもにたような意味をもっており、物流=ロジスティクスでもあながち間違いではないんです。

しかし、それぞれの業務をよく見ると実は相違点があるんですよ。

物流

「物流」とは 製品がお客様に届くまでの一連の活動をいいます。

配送や倉庫管理などはもちろん、それ以外でも荷役・包装・データ管理・加工も「物流」と呼びます。

一方でロジスティクスとは…

ロジスティクス

「ロジスティクス」は業務の最適化をするためのプロセス部分に関わる活動をいいます。
*プロセス・・・過程・工程・方法

例えば、コスト削減・営業支援・在庫管理 など データを用いる部分というイメージだとわかりやすいかもしれませんね。

「物流」と「ロジスティクス」の違いはここまでです!

みじかっ! と思ったかもしれませんが、大きく言うとこういう違いなのでこれさえ認識していれば問題はないでしょう。
ここまでで十分という方は他記事へとんでいただいて構いません!

以下では関連する情報を付随的にお届けします。
興味がある方は是非読み進めてみるといいです。

物流BPO

大まかな違いについてはすぐに理解できたと思います。
そこで、次に 最近よくめにする物流BPOについても触れながら話を進めていきます。

合わせて読んでおくと損はないです。

物流BPOとは

BPO・・・Business Process Outsourcing(ビジネス プロセス アウトソーシング)

BPOは自社業務の一部を外部の専門業者に委託することをいいます
BPOすることによりコア業務に注力することが可能になります。
そして、それが結果的に売上を伸ばすことにつながります。

物流業界の中でもトラックを扱う企業を例にとると、
メイン業務(コア業務)は荷物の配送業務ですね。

BPOの対象になるとしたら、配送業務以外の業務は全てということになります。


もちろん、配送業務をBPOすることもできますが トラックを扱う企業にとって配送業務はコア業務なのでそれだとただのアウトソーシングということになります。

あくまでコア業務以外の業務を外部委託することがBPOということです。

物流BPOのメリット・デメリット

物流BPOのメリット・デメリットは様々りますが、メリットについては一言でいうならコチラにある通りです。

デメリットは 業務のブラックボックス化です。
自社業務の一部を完全アウトソーシングするため1~10の全てを完璧に把握することは難しいでしょう。

しかし、これはメリットになりうることもあります。

・余計なコストが減らせる
・外部の専門性を活かしてより効率的に業務を遂行することが可能になる
という点ではメリットとえるのではないでしょうか。

また、企業によってはプロセスを”みえる化”してくれるところもあるのでデメリットだけではなさそうですよね。

物流BPOをしているところはいくつもありますが、
中でも物流事務(社員のルーティンワーク・日報業務・高速データ管理等)でお困りの方は「物流事務のアウトソーシング・BPOのメリットとデメリット」を見てみるといいです。

さいごに

「物流」と「ロジスティクス」の業務部分の違いを見た後にBPOについても少し触れてみました。
物流とロジスティクスの違いをなるべく分かりやすくいうなら、
物流はお客様に届くまでの一連の業務。
ロジスティクスは業務最適化に関係する業務です。

おまけのBPOサービスは、配送業務(コア業務)の調子が良く さらに売上拡大を狙いたい企業におすすめです。

物流事務のアウトソーシングの盲点的メリットがわかる記事になっています。
人件費やその他コストの削減をしたい経営者の方は必読の記事です!

運営:株式会社ユアルート 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。