ドライバーコンテンツ

【トラック運転手】面接の服装は「スーツじゃなくてもよい」のか?

アバター

ami

物流CEOナカノヒト-ami-「私たちは物流業界の発展に寄与すべく、物流経営者・ドライバー向けに価値ある情報を発信します!」各種SNSのフォローもお願いします!

こんな悩みはありませんか?

  • トラック運転手の面接はスーツじゃなくても良いのかな?
  • トラック運転手の面接におけるコツって何かあるのかな?
  • 面接に最適な服装はスーツと私服、どっちがいいのかな?

こんな声にお応えします。

この記事でわかること

  • トラック運転手がスーツと私服のどちらで面接を受けるべきかを知ることができます。
  • スーツで受ける際のコツを知ることができます。
  • 私服で受ける際のコツを知ることができます。

トラック運転手の面接を控えているみなさん、トラック運転手の面接はラフな格好でも大丈夫だと思っていませんか?昔とは違い、私服で面接に臨むことは一般的になりつつあります。

この記事では、面接を受ける際の服装における注意点を、私服とスーツの観点から知ることができます。私服とスーツのどちらで面接に臨めばいいか分からない人でも、この記事を読み終えた頃には"服装の正解"がわかるでしょう。

 

トラック運転手の面接は服装がスーツじゃなくても大丈夫

トラック運転手の面接において、「服装はスーツじゃなくてはいけない」ということはありません。最近では、私服で面接できるとこも増えていて、全体的に面接を受けやすくなっています。

 

トラック運転手の面接における服装選び3つのコツ

トラックの間で笑顔で腕組している男性

私服での面接が増えたからといって、何を着ても良いという訳ではありません。トラック運転手の面接において、服装選びには3つのコツがあります。

私服で面接を受ける際にも注意点があります。それが以下の3つになります。 

  • ラフすぎない服装にする
  • スーツに着られるようなサイズ感は辞める
  • 清潔感のある服装を意識

この3つを知っている人と知らない人との差はとても大きくなってしまいます。面接が始まる前から出遅れないように疑問を解決していきましょう!

早速、1つ目から見ていきます。

コツその1:ラフすぎない服装にする

服装選びのコツ1つ目は、ラフすぎない服装にするということです。なぜなら、ラフすぎる服装は「だらしない性格」であると思われてしまう可能性が高いためです。

例えば、スウェットやダメージジーンズなど面接に相応しくない服装で臨めば、普段の生活までもがだらしない人だと決めつけられてしまいます。見た目で損するのが一番もったいないです。しっかりと内面を見てもらうためにも、ラフすぎる服装は控えるべきです。

見た目で損するのが一番もったいないです。しっかりと内面を見てもらうためにも、ラフすぎる服装は控えるべきです。

コツその2:スーツに着られるようなサイズ感は辞める

服装選びのコツの2つ目は、スーツに着られるようなサイズ感は辞めるということす。本来スーツは着こなすものです。私服がゆるっとしたサイズ感が好きだからといって、スーツまでもゆとりのあるものを着ると正直ダサいです。

さらに、ボディラインが一直線になるようなスーツは太って見えるのです。逆に、 体の輪郭が分かるようなサイズ感であれば、それだけで第一印象を勝ち取ることができます。どうしてもそういったサイズのスーツしかない場合は、近くの洋服屋でサイズ感の合ったシャツを買うなどして対応するのも良いですね。

コツその3:清潔感のある服装を意識

服装選びのコツの3つ目は、清潔感のある服装を意識するということです。なぜならば、ここまでも述べているように、面接とは9割が第一印象で決まると言われているからです。

例えば、ダメージ加工のあるズボンやシミのついたTシャツなどを着ていくことは相手にマイナスな印象を与えます。そのため、面接の服装ではシワのない白いシャツなどで"清潔感"を出すことを心がけましょう!

 

失敗しないスーツ選び3つのコツ

男性が黄色のネクタイを直している。

次に、トラック運転手が面接を受ける際の「スーツ選びのコツ」を解説します。コツは2つです。

  • ジャストサイズのスーツを選ぶ
  • 落ち着いた色のスーツを着る

スーツを選ぶ際は普段着ている服を選ぶ時とは違った点を意識しなければなりません。そのコツを2つにまとめたので、まずは1つ目から見ていきましょう。

コツその1:ジャストサイズのスーツを選ぶ

失敗しないスーツ選びのコツ1つ目は、ジャストサイズのスーツを選ぶことです。なぜなら、スーツとはサイズ感で全てが決まってしまい、体に合っていないスーツを着るとだらしない印象を相手に与えてしまうからです。

そのため、既にスーツを持っている方は、面接前に一度スーツを着用して、サイズ感を確かめるようにしましょう!

コツその2:落ち着いた色のスーツを着る

失敗しないスーツ選びのコツ2つ目は、落ち着いた色のスーツを着ることです。黒色のスーツが面接において無難な色でしょう。

しかし、人と違いを出したいという人は、ネイビーや暗めのグレーなど落ち着きがある色を着ても良いでしょう!

トラック運転手が面接でスーツを着る際の3つの注意点

スーツを着た人が両手で×を作っている

トラック運転手が面接でスーツを着る際に気をつけるべきことは以下の3点です。

  • シャツの色
  • ネクタイの色
  • 革靴を履く

意外とスーツばかりに気を取られてしまい、シャツ・ネクタイ・革靴といった細部への注意が疎かになりがちです。しかし、スーツを着る上でこの3つは全体像の半分以上を占めています。しっかり確認をしておきましょう。

まずはシャツについて見ていきましょう。

注意その1:シャツ

ポイントの1つ目はシャツです。なぜなら、スーツの次に見える部分が多いのがシャツだからです。

さらに、アイロンをかけるなどの事前準備も忘れずに行いましょう。シワだらけのスーツではだらしない印象を与えてしまいます。

注意その2:ネクタイ

ポイントの2つ目はネクタイです。ネクタイは全体的な印象をまとめる役割があるのでとても重要です。

面接の場に適した派手すぎない色になることに注意しつつ、「着用するスーツの色」にも合ったネクタイを選ぶようにしましょう!

注意その3:革靴

ポイントの3つ目は革靴です。革靴を選ぶ際は、黒色か暗めの茶色を選ぶと良いです。また、デザインはつま先が尖っていない紐付きの靴を選びましょう!なぜなら、つま先が尖っている靴はファッション性が高く、面接の場には適していないためです。

また、既に革靴を持っている方は汚れがついているかの確認をして、汚れている場合は綺麗にしてから面接に臨むようにしましょう!

正しい服装で面接に挑んでトラック運転手になろう!【まとめ】

トラックの横で男性達が箱を持っている

トラック運転手の面接における”服装”の悩みについて解説してきました。私服で受ける際のコツは、3つです。

  • ラフすぎない服装
  • 堅すぎない服装
  • 清潔感のある服装

相手からの第一印象を大きく左右する可能性があるため、私服で受ける際にも最新の注意を払うべきです。そして、スーツで受ける際のコツは同様に3つのポイントがあります。

  • シャツの色
  • ネクタイの色
  • 革靴を履く

私服とスーツのどちらにも共通して言えることは"清潔感"が大切であるということです。

また、面接後に運動能力や経験値を測るための実技がある会社もあります。そういった会社の面接では、作業着での参加が義務付けられている場合もあります。分からない事や疑問点がでたら、必ず面接前に確認するようにしましょう!

\ 【完全無料】物流経営者のマッチングサービス先行予約受付中! /

\ 「物流経営者に特化!」した物流CEOマッチングは【完全無料】です! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ami

物流CEOナカノヒト-ami-「私たちは物流業界の発展に寄与すべく、物流経営者・ドライバー向けに価値ある情報を発信します!」各種SNSのフォローもお願いします!

-ドライバーコンテンツ
-, ,

© 2022 物流CEO

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
【完全無料】運送業の『経営者同士』の"繋がり"詳細はコチラ!
【完全無料】運送業の『経営者同士』の"繋がり"詳細はコチラ!