日立物流×BCDトラベルアジア【物流業界のM&A】株式譲渡

株式会社日立物流は、2019年7月1日に100%株式を保有している子会社である日立トラベルビューローの株式の70%を株式会社BCDトラベルアジアに譲渡すると発表した。

日立物流の事業内容は、3PL事業やフォワーディング事業、重量機工事業などを行っている。また、事業・業界を超え協創領域の拡大を図り、新たなイノベーションの実現を目指している。
BCDトラベルは、海外にも拠点を持ち国内や海外への旅行へのサービスを提供している会社である。

日立物流の株式譲渡では、物流事業との関わりが少ない日立トラベルビューローを連結子会社から切り離し、ロジスティクス事業の強化を図っていくことを目的としている。また、譲渡先を日立トラベルビューローと同じビジネストラベルマネジメントとしたことによって、事業拡大を目指していく。

会社概要

「株式会社日立物流」
代表者:中谷 康夫
設立:1950年2月
所在地:東京都中央区京橋2丁目9番2号 日立物流ビル

「株式会社BCDトラベル」
代表者:大谷 一彦
設立:1967年8月15日
所在地:東京都中央区八丁堀4丁目6番1号 八丁堀センタービル9階



  1. この記事へのコメントはありません。

請求業務/日報管理/データ処理などを安価で代行できます!
物流事務の代行とは?【売上アップ】