西武運輸×セイノーホールディングス【物流業界のM&A】買収

西武運輸株式会社の株式をセイノーホールディングス株式会社が100%取得すると発表した。売り上げ800億円を超える企業で行われる大型M&Aとなる。

西武運輸の事業内容は、約1500台の車両を保有しており、地場・中距離・長距離の定期輸送や貸切輸送、月間チャーター輸送、ネットワーク輸送事業などである。
セイノーホールディングスの事業内容は、貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、倉庫業、航空運送代理店業、通関業、国際複合一貫輸送事業などとなっている。

今回の大型M&Aによって、中々進まずにいた物流業界の再編が一気に進むのではないかと期待されている。また、M&Aが今や中小企業だけでなく、大企業でも行われ始めている。

会社概要

「西武運輸株式会社」
設立:昭和46年11月
所在地:広島県福山市箕沖町105-17

「セイノーホールディングス株式会社」
代表者:田口 義隆
設立: 昭和21年11月1日
所在地:岐阜県大垣市田口町1

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。