トラック運転手(ドライバー)採用に特化した採用支援サービス【株式会社ユアルート】

Point

01 トラックドライバーに特化した採用サービス

02 採用計画・戦略から求人広告運用・費用対効果分析までの一連の業務を代行

03 安心の応募数最低保証付きサービス


Q運送企業の皆様、こんな課題ありませんか?

『トラックドライバーの採用に苦戦している』

運送企業は毎日の業務量が多く、求人広告の運用や管理ができていない企業がほとんどです。

また、応募が来たとしても他にやるべきことが多大にあり、応募者への対応が遅れ面接設定ができないという問題も。

トラックドライバーは同時に何社も応募している可能性が高く、対応のスピードが遅いというのは致命的です。

ドライバー採用における求人広告運用における様々な課題

以下のような課題があります。

求人を出しているけど成果がなかなか出ない
求人内容の掲載文章にどのようなことを書けば良いのか分からない
応募者の管理をしておらず、費用対効果の分析もできていない
社員も他業務で忙しく、運用に使う時間がない
応募は来ているのに対応が遅れ、面接までいかない
応募者が面接に来ない

上記の問題はよくある悩みですよね。運送企業はとにかく忙しいのです。採用だけにコミットできる従業員の方はほとんどいません。

ドライバー採用が上手くいかないとトラックだけが残り、売上機会の損失に繋がります。

そんな課題を解決するサービス

株式会社ユアルートが運営する『トラックドライバー採用に特化した採用支援サービス』です。

採用計画から求人広告運用・費用対効果分析までの一連の業務を支援・代行。
把握できていなかった採用プロセスも可視化できます。

求人広告運用などの採用活動において優秀な人材を雇用することはなかなか難しいでしょう。

また求人広告運用における社内のノウハウ管理体制は、全く整っていない運送企業がほとんどです。

そういった課題を確実に解決できる手段として、当サービスは最適なソリューションといえます。

担当者に詳しい話を聞く


採用担当者の正社員採用とユアルートのサービス費用の比較


副業解禁の流れやライフワークの変化によって正社員という概念も変わりつつあります。正社員の3年以内の離職率は30%と言われています。

その正社員を雇用するためにかかる採用コスト・社会保険料・パソコンなどの備品・業務の引継ぎにかかる時間的コスト。企業としては様々な経済的・時間的コストがかかります。

ユアルートの採用支援サービスは正社員採用と比較しても『低コスト・低リスク』で導入可能です。

担当者に詳しい話を聞く


導入事例/導入実績

・月の平均応募者数 
30件~40件/月  70~100件/月

・月の平均ドライバー採用数
3名~5名/月 → 15名~20名/月

・求人広告運用をアウトソーシング後
売上約30%UP

・創業したてで認知度があまりない時に
アウトソーシングにより2週間以内に求人広告から優秀な正社員を獲得

実際に本サービスをご利用されている企業様は業界トップクラスの採用実績を誇るまでに成長しました。それにより過去最高の売上を記録。現在も成長を続けています。

担当者に詳しい話を聞く


サービス料金

✩現状の採用ワークフローの可視化(採用計画・採用フローの可視化。現状の費用対効果分析など)
✩求人広告媒体の選定から運用(求人広告原稿の作成や予算設定)
✩応募者対応(応募者へのメール対応・面接前日のリマインド連絡)
✩採用活動のデータ化(採用管理シートの作成・費用対効果レポート作成)

これらが全て込みで月額25万円(税込)です。

本当に優秀な採用担当を雇用するためにはこれ以上のコストがかかってきます。

費用対効果を考えても合理的な判断といえるでしょう。

ドライバー採用はスピードが命

多忙な運送企業において、求人広告運用や応募者対応は負荷がかかり大変でしょう。

ですが、人材の流動性が速いこの業界では迅速な対応が求められます。

その課題を解決するのが本サービスです。

 ドライバー採用に革命を。

担当者に詳しい話を聞く

関連記事一覧