トナミホールディングス×H&R【物流業界のM&A】買収

トナミホールディングス株式会社は、2012年11月30日にタイの「エイチ アンド アールフォワーディング カンパニー リミテッド(H&R)」の株主との間で合併契約に合意したと発表した。トナミホールディングスが49%出資を行っているタイ国法人トナミカンパニーリミテッド(以下TTCとする)を通じて行われた。

トナミホールディングスは、海外事業の一貫として平成22年1月、TTCを設立し、情報収集や投資、物流コンサル業務を進めていた。平成23年9月には、「マハポーン トランスポート カンパニー リミテッド(MTC)」をTTCの初の投資先として子会社化した。これにより、タイの輸送事業に本格参入した。
H&Rは、タイの日系企業から物流業務を受託している企業である。

トナミホールディングスは、今回の買収によって、グループのノウハウを生かしてフォワーディング事業の展開や顧客ニーズの対応力強化を目指していく。

会社概要

「トナミホールディングス株式会社」
代表者:綿貫 勝介
所在地:富山県高岡市昭和町3丁目2番12号
設立:1943年6月1日

次はコチラ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。