富田自動織機×ファンダランデ社【物流業界のM&A】買収

株式会社豊田自動織機は、2017年3月23日にオランダ社のファンダランデ社を買収すると発表した。5月をめどに総額1400億円で全株式を取得する。

豊田自動織機は、トヨタ自動車向けの完成車やエンジン生産、国内を中心に自動倉庫を手がけている。また、ECが世界的に拡大してきて物流ソリューション事業の拡大を課題に掲げている。
ファンダランデ社は、欧米やアジアなどに50カ所に拠点があり大口顧客向けに倉庫内の物流システムを提供している。主な顧客は、Amazonやフェデックスなどの物流大手企業である。

豊田自動織機は買収により、フォークリフト以外の物流機器、システムの提供が可能になり課題である物流ソリューション事業の拡大に向け、第一歩を踏み出す。また、新たな顧客の開拓にも繋がっていく。

会社概要

「株式会社豊田自動織機」
代表者:大西 朗
設立:1926年11月18日
所在地:愛知県刈谷市豊田町2丁目1番地

「Vanderlande Industries Holding B.V.」
設立:1949年
所在地:オランダ王国北ブラバント州ウェフヘル

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。