東亜物流【物流業界のM&A】承継公募によりM&A実施

物流業界は、人手不足や業務の効率化などの様々な問題を抱えている。そんな中、注目されているのはM&Aである。東亜物流が2020年6月16日を締め切りとして、物流業界で初となる公募でのM&Aを行った。

東亜物流株式会社では、運送サービスに共同配送を取り入れている。同一商品を配達先別に積み合わせ配送するため、積載量の向上やお客様への荷受作業がスムーズに行われるようになり、業務の効率化を進めている。その他にも入庫から保管、流通加工、出庫配送などの多様な物流サービスの提供を行っている。

今回のM&Aで森本社長は、「持続的で堅実な成長を目指すための成長戦略の一つとして実施したい」と述べている。東亜物流は、公募によるM&Aによって、生産性の向上のために必要となってくる価格交渉力を得るための企業規模を目指していくため、M&Aの実施を決めた。

経営者にとって、M&A成功例がまだまだ少ないため、二の足を踏んでしまう人も多い。しかし、今回のような承継公募サービスでは双方が納得した形でのM&A実施になるのが利点だといえる。

会社概要

「東亜物流株式会社」
代表者:森本 勝也
設立:1988年6月28日
所在地:東京都江戸川区一之江1-9-13

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。