大王製紙×ケイジー物流【物流業界のM&A】全株式取得

大王製紙株式会社は2020年5月27日、関東および九州に物流拠点を持つケイジー物流株式会社の全株式を取得すると発表した。

大王製紙は、紙・板紙・パルプの製品や日用品雑貨、機能性フィルム、粘着シートなどの加工及び販売を事業としている。2018年より大型物流倉庫を静岡県、岐阜県、愛媛県に4拠点稼働し、これまで分散していた倉庫を集約した。また、衛生用紙においてはパレット輸送を開始し物流の効率化を図ってきた。
ケイジー物流は、自動車部品輸送を中心に輸送と倉庫業務を行っていた。関東を中心とし、九州にも営業所があるのが強みである。

今回の株式取得によって、ケイジー物流の物流ネットワークと大王製紙グループの製品配送を組み合わせることができる。また、さらなる安定供給体制の強化にも繋がると考えられる。

会社概要

「大王製紙株式会社」
代表者:佐光 正義
設立:1943年5月5日
所在地:東京都千代田区富士見二丁目10番2号

「ケイジー物流株式会社」
代表者:沖本 充司
設立:1970年10月31日
所在地:千葉県千葉市稲毛区長沼町330番地

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。