4tドライバーに「必要なのは普通免許」だけじゃない【給料アップの3免許】

4tドライバーは普通免許の他に中型免許が欲しいのは知ってる。
普通免許の他に給料アップにつながる免許ってなんだろう?
ちなみに4tドライバーの年収ってどれくらいなの?

こんな声にお応えします。

この記事を読むと

4tトラックのドライバーが、今より年収をアップさせることが出来るようになります。
給料アップの3免許を知ることが出来ます。
4tトラックのドライバーの年収を知ることが出来ます。

2tトラックより4tトラックの方が稼げます。そのため中型免許の取得を目指すドライバーが増えてきています。そこで、この記事では普通免許以外の給料アップにつながる3つの免許をご紹介していきます。まずは4tトラックを運転するために必要な中型免許について詳しく見ていきましょう。

4tトラックに必要なのは普通免許だけじゃない

4tトラックを運転するために必要な免許は、中型免許です。しかし、普通免許を取得した年度によっては、中型免許がいらない場合があります。どういうこと?と思った方もいるのではないでしょうか。実は、2度の法改正によって普通免許で運転できる車の条件が変わっているのです。

具体的に、普通免許で運転できる車の条件は以下のように変わっています。

<普通自動車免許 法改正はや見表>

~平成19年6月1日平成19年6月2日~
平成29年3月11日
平成29年3月12日~
最大総重量8トン未満5トン未満3.5トン未満
最大積載量5トン未満3トン未満2トン未満
乗車定員10人以下10人以下10人以下

この表からも分かるように、平成19年6月1日までに普通免許を取得しているドライバーは、普通免許でも4tトラックを運転することが出来ます一方で平成19年6月2日以降に普通免許を取得したドライバーは、普通免許だけでは4tトラックを運転することはできません。

普通免許と中型免許が必要

平成19年6月2日以降に普通免許を取得したドライバーは、4tトラックを運転するには中型免許が必要です。中型免許を取得するためにはいくつかの条件があります。

まずは、以下の3つのいずれかを満たす必要があります。どれか1つでも当てはまっていれば第1条件はクリアです。

  1. 普通免許、大型特殊免許を取得して通算2年以上(免許取得した時から免許停止期間を除いて2年以上経過している)
  2. 大型特殊免許の所持(免許取得した時から免許停止期間を除いて2年以上経過している)
  3. 中型8トン限定免許の所持(すでにこの免許を持っている場合は限定解除試験を受ければ中型免許を取得できる)

中型免許を取得するための第2条件は、6つあります。

  1. 満20歳以上である。
  2. 視力が両眼0.8以上または片眼0.5以上である。(眼鏡,コンタクトレンズ可)
  3. 深視力検査の誤差が平均2㎝以下である。
  4. 信号機の色の識別がきちんとできる
  5. 10mの距離で90dbの警音器の音が聞こえる。(補聴器可)
  6. 自動車の運転に支障を及ぼすしょうがいがない。

沢山あるように見えますが、概ねそこまでの心配はないでしょう。もし心配な項目がある場合、自動車学校に入校する前に担当の人に聞いてみて、検査を受けるなどして事前にご自身の体について調べておくといいです。

4tトラックのドライバーの年収は518万円

4tトラックのドライバーの平均的な年収は518万円が平均です。給料の幅はあるものの、求人掲載をもとにした場合以下のような計算方法で求められます。

37万円/月×12カ月+(37夏+37冬)=518万円

トラックドライバーでも車種によって年収にばらつきがあります。その中でも4tトラックのドライバーは比較的高い年収です。

トラックドライバー(全6車種)の年収を1つにまとめた記事をつくりました。ランキング形式で掲載されており、たった3分で全6車種のトラックドライバーの年収を知ることが出来ます。

記事の後半では、トラックドライバーの向き不向きがわかるコンテンツもあるので、興味がある方は下記のリンクから一度見にいってみるといいです。

【まとめ】トラックドライバーの年収「全6車種」をランキングで紹介!

4tトラックのドライバーの給料がもっと上がる3つの免許

まず、4tトラックを運転するドライバーの年収は518万円です。計算方法は以下の通りです。

37万円/月×12カ月+(37夏+37冬)=518万円

これは複数の求人サイトからも算出したものです。4tトラック自体車体が大きいので運べる荷物も増えますし、距離も中長距離になることが多いです。それに伴い給料も高水準にあります。

でも、もう少し欲しいなあ、と思うドライバーさんもいることでしょう。そんな年収アップに必要な3つの免許は以下の通りです。

  1. 大型免許
  2. 危険物取扱者
  3. 牽引免許

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

年収アップに必要な免許その1:大型免許

年収アップに必要な免許の1つ目は大型免許です。大型免許で運転できる車の条件は以下の通りです。

<大型免許 条件はや見表>

大型自動車第一種運転免許大型自動車第二種運転免許
最大総重量11トン以上
最大積載量6.5トン以上
乗車定員30人以上

運転できる車の条件は一緒ですが、第一種と二種の違いは「旅客運送」をするかどうかで変わってきます。「旅客運送」をする場合は営業用となり第二種が必要で、自家用の場合は第一種が必要です。

大型免許を持っていることでほぼすべてのトラックを運転できるようになります。主に長距離を運転することになり、もろもろの手当がつくとお給料がグッと高くなります。

年収アップに必要な免許その2:危険物取扱者

年収をアップさせる免許の2つ目は、危険物取扱者です。この免許は運転できる車両サイズが変わるわけではありません。運べるモノが変わります。

危険物取扱者は1種~6種で分類されています。中でも、4種は引火性燃料(灯油やガソリン)を扱うことが出来るようになるため、仕事の幅がかなり広くなります。さらに、危険物取扱者というくらいなので、扱うものが危険を伴うものです。その分もらえるお給料も通常のトラック運転手に比べ増額傾向にあります。

また、仮に転職することになった場合でも、かなり差別化できるポイントになるので時間がある時に試験勉強をして、取得を目指すことをおすすめします。

年収アップに必要な免許その3:牽引免許

年収をアップさせる免許の3つ目は、牽引免許です。

車両総重量750kgを超える車を牽引する場合に必要になる免許です。

牽引免許を取得するには、大型免許・中型免許・準中型免許・普通免許・大型特殊免許のいずれかを持っておく必要があります。プロのドライバーとして、もっと活躍していきたいと思う方は是非取得してみてください。

では、最後に4tトラックドライバーの仕事についてみてみていきましょうか。ここまでで十分だよ!という方はここで違うページに飛んでいただいて構いません。気になる方は読み進めてみて下さい。

4tトラックのドライバーの仕事内容

4tトラックドライバーの主な仕事内容は1つ。ズバリ、配送業務。距離は中長距離です。1つだからこそプロとしての仕事が求められます。

例えば、4tトラックは車体がかなり大きいため視界が制限されてしまいます。発信するときや道を曲がる時も常に最新の注意を払う必要があります。また、車体が重いので簡単には止まれません。速度超過は厳禁です。

荷物の移動は何かしらの道具を使ったり機械を操作するので女性のドライバーも多かったりします。運転が好きだったり少し遠くまでのお出かけが好きな人にとっては一石二鳥の仕事かもしれませんね。

まとめ

4tトラックのドライバーさんは年収518万円が平均です。給料の幅はあるものの、求人掲載をもとにした場合以下のような計算方法で求められます。

37万円/月×12カ月+(37夏+37冬)=518万円

4tトラックの運転には普通免許だけではダメです。(平成19年6月2日より前に免許を取得していれば合法)対象にならないドライバーは中型免許を持っている必要があります。

4tトラックのドライバーが給料を上げるために必要な3つの免許は以下の通りです。

  1. 大型免許
  2. 危険物取扱者
  3. 牽引免許

4tトラックのドライバーさんの仕事は配送業務です。この1つですが、大型のトラックを扱うため最新の注意とプロ意識がとても大切です。

トラックドライバーは仕事の内容や扱うトラックの大きさでいくつかに分類されますが、4tトラックのドライバーさんはより一層プロ意識が求められてきます。その分お給料も高水準です。そこからさらに高いお給料を目指したい方は、今回紹介した3つの免許取得を検討してみて下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

請求業務/日報管理/データ処理などを安価で代行できます!
物流事務の代行とは?【売上アップ】