トレーラー運転手の仕事は「この1つ」で【年収が560万円】と高額です

トレーラー運転手ってどんな仕事をするの?
トレーラー運転手の年収ってどれくらいなの?
トラックとトレーラーの違いって何?

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むと、

トレーラー運転手の仕事について知ることが出来ます。
トレーラー運転手の年収を知ることが出来ます。
トラックとトレーラーの違いを一瞬で知ることが出来ます。

牽引免許の取得理由として、トレーラー(牽引自動車)を運転したいからと答える人も多いのではないでしょうか。この記事では、トレーラ運転手の仕事内容や気になる年収を知ることが出来ます。

また、後半にはトラックとトレーラーの違いについても記載しています。写真でわかりやすく表しました。一瞬で違いがわかるハズです。

トレーラー運転手に興味があるドライバーさんはぜひ一読してみてください。それではトレーラー運転手の仕事内容からみていきましょうか。

トレーラー運転手の仕事は配送業務です

トレーラー運転手の主な仕事は配送業務です。積荷は大型機械を使ってクライアントさんが行ってくれるか、機械を自ら操作して乗せるかのどちらかになります。細かな作業はその都度発生するものの、仕事をこなす上での付随的なことになります。

クライアントさんが積荷を行ってくれる場合、待機時間が長くなることがしばしばあります。他のトラックドライバーの仕事と比べると肉体労働はそこまでありませんが、別なしんどさは生まれるかもしれないですね。

トレーラー運転手が仕事で注意すべきことは2つ

トレーラー運転手が仕事をするうえで注意するべきことが2つあります。

  1. 一度の事故が莫大な損失を生みます
  2. 体調管理は徹底しよう

トレーラー運転手は仕事柄以上のような2つを注意する必要があります。

それぞれ具体的に理由を記しました。まずは莫大な損失についてみていきましょうか。

注意その1:一度の事故が莫大な損失を生みます

トレーラー運転手は運ぶモノのサイズが大きいのはもちろん、1回に運ぶ総単価も大きいです。そのため一度の事故が莫大な損失を生みます。

また、運ぶモノの損失だけではなく、被害者がいればその方への慰謝料等、その他には損害を受けた周りのモノへの損害賠償。死者が複数人出る可能性もありえます。

そのため、運転には細心の注意を払って、事故を起こさないようにしましょう。

注意その2:体調管理は徹底しよう

トレーラー運転手は特に体調管理は徹底するべきです。

なぜなら、睡眠時間や食事のタイミングが道路状況や積荷の時間によってバラバラになってしまうことが多いからです。

普段の生活で体調管理に気を配っていないと、思わぬ事故や病気を引き起こしかねないです。

そのため、体調管理は徹底するべきです。

トレーラー運転手の年収は560万円です

トレーラー運転手の年収は560万円です。算方法は以下の通りです。

40万円/月 × 12カ月 + (夏ボ+冬ボ)=560万円(年収)

トラックドライバーのなかではかなり高い年収になります。月の給料が30万円前後~40万円の幅で求人を出しているところが多く、そこにボーナスや諸々の手当が加わることで高い年収になります。

トラックドライバー(全6車種)の年収を1つにまとめた記事をつくりました。ランキング形式で掲載されており、たった3分で全6車種のトラックドライバーの年収を知ることが出来ます。記事の後半では、トラックドライバーの向き不向きがわかるコンテンツもあるので、興味がある方は下記のリンクから一度見にいってみるといいです。

【まとめ】トラックドライバーの年収「全6車種」をランキングで紹介!

トラックとトレーラーの違いとは?

“トラック”と”トレーラー”は荷物を運ぶ点では同じ役割があります。違いは以下の通りです。

トラック・・・貨物自動車,単体で動いている
トレーラー・・・単体では動けない、トラクターにエンジン機能がある、牽引してもらって動くのがトレーラー

写真のトラックはいわゆる牽引自動車(街中で見かけるトラックもこの一種)と呼ばれる形態の一つです。特徴は、運転席と荷台や客席が分離できる構造になっていることです。

一般的にこの形態をわかりやすく”トレーラー”と呼んでいます。しかし、実際は”トラクター”と”トレーラー”の2つのモノが1つになっているのです。そして、トラクターにエンジン機能があり、トレーラーはそれに牽引してもらうことで動いているのです。

まとめ

トレーラー運転手の主な仕事は配送業務です。細かな作業が発生するものの、仕事をする上での付随的なことです。

仕事をするうえで注意すべきことは以下の2点です。

  1. 一度の事故が莫大な損失を生みます
  2. 体調管理は徹底しよう

トレーラー運転手は一度の事故で莫大な損失を生みます。なぜなら、自分や被害者の心身の傷,その他損害を負ったモノに対する賠償金等が発生するからです。運転は細心の注意を払う必要があります。

体調管理は徹底しましょう。トレーラー運転手の仕事上、不規則な生活リズムになりやすいため日ごろから体調管理に気を配ることが大切です。思わぬ事故や病気を引き起こさないためにも体調管理は徹底するべきです。

年収は560万円と、他のドライバーに比べるとかなり高いです。年収の計算方法は以下の通りです。また、求人では30万円~40万円での応募が多いです。

40万円/月 × 12カ月 + (夏ボ+冬ボ)=560万円(年収)

トラックとトレーラーの違いは以下の通りです。

トラック・・・貨物自動車,単体で動いている
トレーラー・・・単体では動けない、トラクターにエンジン機能がある、牽引してもらって動くのがトレーラー

一般的にこの形態をわかりやすく”トレーラー”と呼んでいます。

 

この記事からも分かるように、トレーラー運転手の仕事はやることが明確です。ある意味では簡単なことに思えるかもしれません。しかし、実際は高い運転技術以外にも自分の体調管理に気を配らないといけなかったりするのです。そのため、プロとしての心持が必須です。だからこそ高い年収になりますし、他のドライバーさんや子供たちから一目置かれて見られるのです。この記事を読んでトレーラー運転手への興味関心が深まっていれば幸いです。

  1. この記事へのコメントはありません。

アナタの「知り合い経営者を推薦」してみませんか?
社長推薦はコチラから!
知り合いの「物流経営者を推薦」してみませんか?
社長推薦をする!