大型トラックのドライバーは「給料35万円」2つの免許で年収アップ

大型トラックのドライバーってどれくらい給料がもらえるの?
大型トラックのドライバーが給料をアップさせるにはどうしたらいいの?
大型トラックを運転したいけど具体的な仕事内容が気になるな。

こんな声にお応えします。

この記事を読むと、

・大型トラックのドライバーはどれくらい給料をもらえるのか知ることが出来ます。
・大型トラックのドライバーが給料をアップさせる方法を知ることが出来ます。
・大型トラックのドライバーの具体的な仕事内容を知ることが出来ます。

この記事では大型トラックのドライバーの給料と、年収アップにつながる2つの免許を知ることが出来ます。後半では大型トラックのドライバー達の仕事内容も知ることが出来ます。

では、まずは具体的な給料からみていきましょうか。

大型トラックのドライバーは給料が35万円

ズバリ、大型トラックのドライバーさん達は、毎月の給料で35万円ほどもらっています。これは、2021年時点での「大型トラック 求人」ででてきた複数の運送会社の求人をもとに算出したデータです。

求人表にあった給料は25万円~35万円と幅はあります。しかし、ほとんどの運送会社がどちらかの数字に近い金額で掲載しています。

これだけ幅がある理由は、地域による賃金格差です。やはり、運送の出発点となるようなエリアから近ければ近いほど毎月の給料が高くなる傾向にあります。

年収はおよそ500万円

大型トラックのドライバーは年収がおよそ500万円です。”え、ウソだろ”と最初は思いました。ですが、企業によっては夏冬のボーナスがよかったり、インセンティブ制度によって追加でお給料がもらえるようなところがあります。

一例:35万円/月 × 12カ月 + (夏ボ+冬ボ)=490万円(年収) +αインセンティブ

条件が良い会社で働くことができれば、大型トラックのドライバーとして年収500万円は十分期待できます。

役職や活躍度合いによっては 1,000万円近く稼ぐドライバーもいますそういった意味では大型トラックのドライバーとして働くことは夢がありますね。

ナゼ給料が高いの?

大型トラックのドライバーは小型トラックを運転する人よりも給料が高い傾向にあります。

なぜなら、長時間・長距離の運転によって拘束時間が長くなるからです。他にも、運ぶ荷物の単価や量が変わる為、一度の損失が他とは比にならないくらい高くなります。それに加えて車体もかなり大きくなります。そのため、より高度な運転技術が求められるのです。

だから、大型トラックのドライバーさんの給料は高い傾向にあるのです。

トラックドライバー(全6車種)の年収を1つにまとめた記事をつくりました。ランキング形式で掲載されており、たった3分で全6車種のトラックドライバーの年収を知ることが出来ます。記事の後半では、トラックドライバーの向き不向きがわかるコンテンツもあるので、興味がある方は下記のリンクから一度見にいってみるといいです。

【まとめ】トラックドライバーの年収「全6車種」をランキングで紹介!

大型トラックのドライバーは2つの免許で年収がアップする

大型トラックのドライバーは以下の2つの免許を持っていることで、年収がぐっとアップします。

  1. 玉掛作業者
  2. けん引免許

大型トラックのドライバーさんならこの2つを取得することは特にオススメします。以下でそれぞれの免許についてざっくりと分かりやすく見ていきましょう。

年収アップの免許その1:玉掛作業者

年収をアップさせるための免許(資格)その1は玉掛作業者です。

玉掛作業者は国家資格です。この資格があると、重さ1t以上の揚荷装置/クレーン/移動式クレーン/デリックの玉掛業務を行うことができるようになります。

荷物を運ぶだけではなく、運んだ先での組み立てる作業なども行えちゃう。そんな人材がいれば会社もできる仕事の幅が変わります。当然ながらあなたの年収はアップします。

年収アップの免許その2:けん引免許

年収をアップさせるための免許(資格)その1は玉掛作業者です。

牽引免許を持っていると、大型/中型/準中型/普通/大型特殊自動車のいずれかで、車両総重量750kgを超える他の車を牽引することが出来るようになります。

運ぶ荷物の平均単価が上がる上に、いろんなシーンで活躍できる万能免許といってもいいでしょう。転職をするときにもかなり役立つ免許の1つです。

第一種と第二種に分かれており、それぞれ8割と2割の合格率となっています。まずは第一種の取得をめざしてみるといいでしょう。取得できれば年収は確実にあがりますよ。

大型トラックのドライバーはどんな仕事をしてるの?

大型トラックのドライバーさん達は以下の3つのような仕事をしています。

配送
集荷
セールス

配送業務は長距離になることが多く、いろいろな地域を巡っていきます。運転や遠出が好きな人にとっては、これが1番の魅力かもしれませんね。

大型トラックのドライバーさんが集荷業務で抱える悩みがあります。それは、荷積み待ちが長いことです。企業によっては数時間単位で待たされることもしばしば。外にいるより車内にいる時間が長くなるので、漫画を常備していたりアプリで時間をつぶしているドライバーさんが多いです。

セールスの仕事は運送会社によって異なります。会社から遠い地域に荷物を届けに行くので、その道中にある企業へ商談をする場合もあります。

まとめ

大型トラックのドライバーの給料は35万円です。しかし、求人では25万円~35万円と幅があります。それは、地域による賃金格差です。

運送の出発点となるようなエリアから近ければ近いほど毎月の給料が高くなる傾向にあります。

年収はおよそ500万円

一例:35万円/月 × 12カ月 + (夏ボ+冬ボ)=490万円(年収) +αインセンティブ

会社の制度やボーナスの具合にもよりますが、他のドライバーに比べるとかなり高い給料がもらえます。

持っていると年収がアップする免許は以下の2つ。

玉掛作業者
けん引免許

仕事内容は主に以下の3つ。

配送
集荷
セールス

大型トラックのドライバーの給料は他のドライバーと比べると高水準にあります。

しかし、そこから更に年収をアップさせる方法として、2つの免許を取得するのがオススメです。とはいえ、取得には時間もお金も多少かかってくるので、現状でも十分満足しているかたは無理に取る必要はないでしょう。

もし、今より少しでも年収をアップさせたい/キャリアステップを上げたい/転職したい と考えている場合は、ぜひ取得を目指してみるといいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

請求業務/日報管理/データ処理などを安価で代行できます!
物流事務の代行とは?【売上アップ】