【まとめ】トラックドライバーの年収「全6車種」をランキングで紹介!

トラックドライバーの年収ってどれくらいなの?
トラックドライバーもいろいろあるけど、年収が高い車種はどれだ?
トラックドライバーとして転職する前に年収を知っておきたいな。

こんな声にお応えします。

この記事を読むと、

全6車種のトラックドライバーの年収がこの1記事で把握できます。
たった3分でトラックドライバーの年収を知ることが出来ます。
最も年収が高いトラックドライバーはどの車種を運転しているのか、わかります。

トラックドライバー年収系の記事はいろいろあると思います。この記事ではたった3分で6種類のトラックドライバーの年収を把握することが出来ます。

さらに、最もお給料が高い車種も知ることが出来ます。転職を考えていたり、今よりさらに年収の高いドライバー職を探している人は求人票を見る前にぜひ一読してみて下さい。

トラックドライバーの年収ランキング【全6車種】

トラックドライバーの年収をランキング形式でまとめました。全6車種で分けて、年収が多い順に紹介しています。

ちなみに、最も年収が高い車種は何だと思いますか?少し考えてみて下さい。恐らくこの時点で感がいい人なら分かると思います(笑)紹介する車種は以下の通りです。参考にどうぞ。

*女性ドライバーは車種には含まれませんが、年収が気になる方も多いと思うのでランキングに含めています。

  1. 長距離ドライバー
  2. トレーラー運転手
  3. 大型トラック
  4. 4tドライバー
  5. 2tドライバー
  6. 軽貨物ドライバー
  7. 女性ドライバー

どーせナンバー7からみていくんだろうな。そう思ったハズです。
正直ダルい…。その気持ち分かります(笑)この手のあるあるですね。

安心してください。皆さんが気になるTOP3から紹介します。TOP3以降は気になる人だけ読み進めてみてください。きっとアナタの役に立つ情報が落ちています。

トラックドライバーの年収【第1位】:長距離ドライバー

全6車種ある中で、最もドライバーの年収が高いのは長距離ドライバーです。年収は574万円と高額です。具体的な計算方法は以下の通りです。

41万円/月×12カ月+(41夏+41冬)=574万円

トラックドライバーの中でも花形的な存在が長距離ドライバーです。高速道路などで見かけることが多いかもしれません。

給料面だけではなく、大型トラックを運転する姿に憧れる人はかなり多いです。実際、大型トラックを運転したくて会社を変える人もいるくらいですから、ドライバーさん達からも一目置かれる存在になれるかもしれないですね。

長距離ドライバーの詳しい仕事内容や、さらなる年収アップの方法を知ることが出来る記事を作りました。以下のリンクから記事を見ることが出来ます。気になる方は是非一読してみて下さい。

長距離トラックのドライバーは年収574万円【2つの免許】で給料アップ

トラックドライバーの年収【第2位】:トレーラー運転手

2番目に年収が高いのは、トレーラー運転手です。年収は560万円で、1位の長距離ドライバーとの差額は14万円です。月給でおよそ1万円違うことになります。

40万円/月×12カ月(40夏+40冬)=560万円

トレーラー運転手は荷物が車だったり、巨大な資材だったりすることが多いです。その他には、街中で見かける”コンテナ”を運んでいるもトレーラー運転手です。

トレーラー運転手は牽引免許と大型免許の2つの免許が必要です。詳しい仕事内容やトレーラーとトラックの違いを知ることが出来る記事を作りました。気になる方は是非一読してみて下さい。

トレーラー運転手の仕事は「この1つ」で【年収が560万円】と高額です

トラックドライバーの年収【第3位】:4tドライバー

トラックドライバーの年主が3番目に高いのは、4tドライバーです。年収は518万円です。TOP3の車種全てが500万円オーバーと高額ですね。

37万円/月×12カ月(37夏+37冬)=518万円

4tドライバーとは、街中で見かけるちょっと大きめのトラックです。中型トラックともいわれます。実は大型トラックよりも年収が高くなる傾向にあり、人気の車種です。

4tドライバーは普通免許以外にも必要な免許があります。4tドライバーの免許に関する詳細とさらなる給料アップの3免許を知ることができる記事を作りました。実は1番人気の車種でもあるので一読しておくことをおすすめします。

4tドライバーに「必要なのは普通免許」だけじゃない【給料アップの3免許】

ここからはTOP3以降の紹介です。平均年収が低いように感じるかもしれませんが、実は年収を1,000万円にすることができる車種もあります。気になる方は読み進めてみて下さい。

トラックドライバーの年収【第4位】:大型トラック

トラックドライバーの年収で4番目に高いのは、大型トラックです。年収は490万円とこちらも高額です。具体的な計算方法は以下の通りです。

35万円/月×12カ月(35夏+35冬)=490万円

大型トラックは10tトラックといわれる場合もあります。主に長距離で遠方まで荷物を届けに行きます。意外に思うのが、中型トラック(4t)より平均年収が低いということです。

理由としては、1日の配送回数が深く関係してきます。大型ドライバーの詳しい給料事情や仕事内容を知ることが出来る記事を作りました。年収アップにつながる2つの免許も知ることが出来ます。気になる方は是非一読してみて下さい。

大型トラックのドライバーは「給料35万円」2つの免許で年収アップ

トラックドライバーの年収【第5位】:軽貨物ドライバー

トラックドライバーの年収で5番目に高いのは、軽貨物ドライバーです。年収は406万円で、大型トラックとはおよそ90万円の差があります。

28万円/月×12カ月(28夏+28冬)=392万円

軽貨物ドライバーは年収が低いイメージを持たれるかもしれません。しかし、近年の巣ごもり需要の増加で荷量が増加し、ドライバーさんの需要も高まっています。

そこで、企業によっては歩合制を取り入れて、運んだら運んだ分お給料に反映しているところもあります。詳細を記した記事を作りました。脱サラで始めるのが多いのも軽貨物ドライバーです。この機会に是非一読してみて下さい。

軽貨物ドライバーの「年収は406万円」仕事は【歩合給がお得】なの?

トラックドライバーの年収【第6位】:2tドライバー

トラックドライバーの年収で6番目に高いのは、2tドライバーです。年収は392万円で、大型トラックとの差は100万円程あります。

28万円/月×12カ月(28夏+28冬)=392万円

2tドライバーは年収が低いのかー。と思った方もいるのではないでしょうか。しかし、他の業界と比べれば年収の平均値としては多少上にいます。

2tドライバーの年収に関する情報と、更なる給料アップにつながる3つの免許を知ることが出来る記事を作りました。また、2tドライバーならではのメリットも知ることが出来ます。興味がある方は是非一読してみて下さい。

2tドライバーの「年収は400万円」給料アップは【3つの免許が必要】です

トラックドライバーの年収【第7位】:女性ドライバー

トラックドライバーの年収ランキングの最後に紹介するのは女性ドライバーです。年収は336万円で、具体的な計算方法は以下の通りです。

29万円/月×12カ月+(24夏+24冬)=336万円

この年収にはパートの女性も含まれています。そのためこの金額になっていますが、女性ドライバーだからといって極端に低い給料になることはないです。

女性ドライバーの年収に関して興味がある方に向けて作った記事があります。業界内の女性の割合も知ることが出来ます。1分ほどで読める記事になっているので是非一読してみて下さい。

【女性ドライバーの年収】は「336万円」でその差は中古車1台分!?

トラックドライバーの適正検査をやってみよう

ここまでトラックドライバーの年収をランキング形式でみてきました。

ご自身がどのトラックドライバーに向いてるかを簡単な適正検査で知ることが出来ます。1分もかからず適性を知ることが出来るのでぜひやってみて下さい。

必ずこれがいいというわけではありませんが、ざっくりとしたイメージを持っていただければ幸いです。

トラックドライバーに向いている人の特徴

では、そもそもトラックドライバーに向いている人の特徴って何だと思いますか?

具体的には以下のような人がトラックドライバーに向いていると言えるでしょう。

  • 運転が好き
  • 1人で行う仕事が苦にならない
  • 景色を楽しむのことが好き
  • 人とのコミュニケーションに抵抗がない
  • 1つのしごとに対してプロ意識をもって取り組むことが出来る

当てはまる数が多いほどトラックドライバーに向いているといえます。

一方で、向いていない人の特徴もあります。

トラックドライバーに向いていない人の特徴

トラックドライバーに向いていない人の特徴は以下の通りです。

  • 運転が嫌い
  • 長時間の運転が強いストレスに感じる
  • 人との関わり合いが極端に嫌い
  • 複数人で仕事を進めたい
  • 不規則な勤務形態が苦手
  • 時間や決まり事を守らない(独創性を大切にしたい)

当てはまる数が多い方はトラックドライバーにはあまり向いていないかもしれません。

他の職種で才能が開花する可能性が高いので、そちらに力を注いでみてはいかがでしょうか?そうすれば、同じくらいかドライバー以上の年収が期待できるでしょう!

まとめ

トラックドライバーの年収ランキングをまるっと1記事でまとめてみました。ランキングの結果は以下の通りです。

  1. 長距離ドライバー 41万円/月×12カ月+(41夏+41冬)=574万円
  2. トレーラー運転手 40万円/月×12カ月(40夏+40冬)=560万円
  3. 4tドライバー   37万円/月×12カ月(37夏+37冬)=518万円
  4. 大型トラックドライバー 35万円/月×12カ月(35夏+35冬)=490万円
  5. 軽貨物ドライバー 29万円/月×12カ月+(29夏+29冬)=406万円
  6. 2tドライバー   28万円/月×12カ月(28夏+28冬)=392万円
  7. 女性ドライバー  29万円/月×12カ月+(24夏+24冬)=336万円

ランキングの結果だけみると、長距離ドライバーになりたいと思うかもしれません。ですが、誰もがなれるわけではないということを理解しておかなくてはいけません。

運送会社によっては歩合制(インセンティブ制度)を取り入れてるところがあります。そういったところでは、月の給料が低くても、トータルの年収は1,000万円を超えるということが多々あります。実際に1,000万円稼ぐドライバーさんがいることも事実です。

ご自身の適性と、運送会社の制度、将来の目標などから逆算して考えてみるといいです。そうすれば、自ずと年収が高くなっていきます。

各ページへのリンクを以下にまとめました。年収の詳細以外に、仕事内容や給料アップの方法についても知ることが出来ます。興味があるところから順番に見ていってください。

  1. この記事へのコメントはありません。

アナタの「知り合い経営者を推薦」してみませんか?
社長推薦はコチラから!
知り合いの「物流経営者を推薦」してみませんか?
社長推薦をする!