アルプス物流×兆普電子有限公司【物流業界のM&A】株式取得

2019年5月24日、株式会社アルブス物流の中国子会社である泰達アルプス物流(上海)有限公司が中国の兆普電子(上海)有限公司の全株式を取得すると発表した。取得予定日は、2019年5月27日としている。

アルプス物流の事業内容は、貨物自動車運送事業や貨物運送取扱事業、倉庫業などとしている。また、国内外にネットワークを持ち、高い物流品質で運送を行っているところを強みとしている。
兆普電子は、台湾のSMPホールディングスインターナショナルの出資により2001年に設立された会社である。現在は、生産を中止しており建物のみ所有となっている。

今回の株式取得は、兆普電子の建物を活用した物流サービス業の強化を図ることを目的としている。

会社概要

「株式会社アルプス物流」
代表者:臼居 賢
設立:1964年7月2日
所在地:神奈川県横浜市港北区新羽町1756

  1. この記事へのコメントはありません。

請求業務/日報管理/データ処理などを安価で代行できます!
物流事務の代行とは?【売上アップ】