経営者コンテンツ

物流コンサルタントってなに?コンサルタントが行っている仕事3つ

アバター

ami

物流CEOナカノヒト-ami-「私たちは物流業界の発展に寄与すべく、物流経営者・ドライバー向けに価値ある情報を発信します!」各種SNSのフォローもお願いします!

こんな悩みはありませんか?

  • 物流コンサルタントってなに?
  • 物流コンサルタントってどんな仕事をしているの?
  • 物流コンサルタントになるために有利な経験はあるの?

物流CEOがこのような声にお応えします。

この記事を読むと?

この記事でわかること

  • 物流コンサルタントについて分かる
  • 物流コンサルタントの仕事内容が知れる
  • 物流コンサルタントになるために有利な経験が分かる

 

物流コンサルタントという言葉を知っていますか?「コンサルタント」とは、企業戦略や業務の改善点などの解決方法を提案する仕事です。

戦略やM&A、IT、人事などあらゆる分野の専門に特化した内容に対して、コンサルティングを提供していきます。

この記事では、物流コンサルタントの仕事内容や仕事に就く際に有利な経験などをご紹介します。

物流コンサルタントが気になっている方は、ぜひ一読してみてください。

 

物流コンサルタントの仕事内容

物流コンサルタントの仕事内容は、簡単に説明すると企業の問題点を分析し、解決策を提示することです。自社だけでの解決が難しい問題点もコンサルティングを行ってもらう事により、解決へ繋がる可能性が高まります。

物流コンサルタントの仕事は、下記のような流れになっています。

➀企業課題の分析
➁問題点からの解決策の抽出
③企業へ解決策の提示

それぞれの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

 

仕事内容➀:企業課題の分析

仕事内容の1つ目は、企業課題の分析です。物流コンサルタントは、商品が物流センターに集荷されて、消費者の元に届くまで全ての業務に携わります。

人員不足やコスト、適切な商品管理が行われているかなどのそれぞれの流れの中での問題点をあげて、分析を行います。その際、現場で働いている人にインタビューを行い、数字に表れない課題も見つけていきます。

それにより、企業について細かく認識できます。また、企業の改善点の優先順位なども見える化できるため重要です。

 

仕事内容➁:問題点からの解決策の抽出

問題点を分析したら、解決策の抽出です。ここでは、普段依頼している物量や保管量、輸送費など全てのデータを可視化し、現場の声と合わせて考えることが大切になってきます。

その後、問題点と一緒に企業の経営方針や戦略などの意見も反映させながら企業の在り方を策定します。

それを元に物流コンサルタントは、分析した結果と企業が目指す所とのギャップを埋めるための解決策を抽出するのです。

 

仕事内容③:企業へ解決策の提示

解決策の抽出を行ったら、企業へ解決策の提示を行います。経営方針や戦略の意向を踏まえ、業務効率や生産管理の見直しを行った現状を経営者へ提示します。

その後、分析結果と企業の目指す方向性とのギャップを埋める解決策をもとに、新しい経営方針や戦略を検討する作業です。

ここでは、他の企業の成功例と比べながら話し合いを進めます。

 

物流コンサルタントの平均年収は783万円

物流コンサルタントの平均年収は、783万円です。年代別の平均年収は、下記の通りです。

年代 平均年収
20代 532万円
30代 748万円
40代 962万円
50代以上 891万円
平均 783万円

20代の全体の平均年収は、341万円です。比較すると20代から物流コンサルタントは、500万円以上が平均であるため、年収が高めに設定されていることが分かります。

参考:doda

 

物流コンサルタントになるために有利な経験

物流コンサルタントになるために有利な経験には、下記の2つがあげられます。

  • 2年以上の物流コンサルタントの経験
  • ITリテラシーが高い

物流コンサルタントは、物流の知識だけでなく、物流の現場に実際に行き、情報収集を行う事もあります。そのため、コミュニケーションスキルなども大切になってくる職です。

では、物流コンサルタントになるために有利な経験を詳しく見ていきましょう。

有利な経験➀:2年以上の物流コンサルタント経験

物流コンサルタントになるために有利な経験の1つに2年以上の物流コンサルタント経験があげられます。なぜなら、他職種でのコンサルタントが出来ても「物流」の業務を知っていないと難しいからです。

物流は、商品を運ぶだけでなく、商品が集荷され、消費者の手に渡るまでの全ての業務に携わっています。そのため、「物流」を知っていないとイメージがつかないため業務を行うのが難しいです。

また、物流コンサルタントは、2年以上の物流コンサルタント経験の他に物流技術管理士の資格を持っているとさらに有利になります。

有利な経験➁:ITリテラシーが高い

物流コンサルタントになるために有利な経験の2つ目にITリテラシーが高いことがあげられます。

なぜなら、ITリテラシーが高いと膨大な情報から必要な情報の抽出や問題点の解決策を提示する技能が高いからです。

業務を行う上で物流業務の知識があれば十分じゃないの?と思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、パッケージシステムの導入等もコンサルタントの役割になるため、ITリテラシーが高い方が有利です。

 

まとめ:物流コンサルタントには分析力が重要

物流コンサルタントの仕事内容や有利な経験などをお伝えしてきました。

物流コンサルタントの仕事内容は、下記の流れで行われています。

  • 企業課題の分析
  • 問題点からの解決策の抽出
  • 企業へ解決策の提示

物流コンサルタントは、商品が集荷されて消費者に届くまでの全ての業務に携わります。また、企業の課題分析や問題点の抽出のために、コミュニケーション力やITリテラシーが高いことが大切です。

物流コンサルタントの平均年収は、783万円と高く設定されています。しかし、コンサルティング経験や物流業界をよく知っている必要があるため、簡単に転職するのは難しいでしょう。

物流業界は、今後も拡大が予測されているため、物流コンサルタントの需要も増えていくでしょう。

 

\ 【限定3社】物流企業のPRをお手伝い!「経営者インタビュー」を無料で実施中! /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ami

物流CEOナカノヒト-ami-「私たちは物流業界の発展に寄与すべく、物流経営者・ドライバー向けに価値ある情報を発信します!」各種SNSのフォローもお願いします!

-経営者コンテンツ

© 2022 物流CEO

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
物流企業の『PRが無料』でできる!【物流CEOインタビュー】
物流企業の『PRが無料』でできる!【物流CEOインタビュー】