M&A

オンワードホールディングス×住友不動産【物流業界のM&A】譲渡

2020年11月30日に株式会社オンワードホールディングスが連結子会社のオンワード樫山が保有する倉庫兼物流センターの売却を発表した。2021年1月29日に住友不動産に譲渡される予定。

オンワードホールディングスの業務内容は、アパレル関連事業、ライフスタイル関連事業を営む傘下関係会社の経営管理などを行っている。
住友不動産の業務内容は、土木工事、建築工事、大工工事などである。

今回の売却の目的は、資産の効率化及び財務体制の向上を図ることである。新型コロナウイルス感染拡大の影響で商業施設の営業の短縮やインバウンド需要の低迷により欧州事業などの海外事業の売り上げが減少したことが業績に響いたと考えられる。

会社概要

「株式会社オンワードホールディングス」
代表者:保元 道宣
設立:1947年9月4日
所在地:東京都中央区日本橋3丁目10番5号オンワードパークビルディング

「住友不動産株式会社」
代表者:仁島 浩順
所在地:埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-93-1 不二ビル新都心館3階

\ 「物流経営者に特化!」した物流CEOマッチングは【完全無料】です! /

-M&A

© 2021 物流CEO

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
経営者と無料で繋がれる!【物流CEOマッチング】残り280社