【トラック運転手】物流業界で大卒は有利!気になる仕事内容は3つ!

物流業界に大卒で就職すると有利なのかな?
仕事内容が知りたいな!

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むと・・・

物流業界に大卒で就職すると有利であることが分かります!
どんな仕事内容か知ることが出来ます!

物流業界への就職を考えている大卒の方はぜひ一読してみてください。
まずは、物流業界に大卒が有利な理由をお伝えします。

物流業界に大卒は有利!

物流業界では、学歴不問であるイメージが強いですが大卒だと就職に有利です!

なぜなら、物流業界の仕事は、配送を行うトラック運転手や倉庫内での仕事だけではありません。

現場に直接関与するトラック運転手を目指す場合は、免許を所持していれば仕事に就くことができます。

しかし、大手物流企業の総合職につく場合は、採用対象が大卒以上であることが多くなっているのです。

総合職は、営業や物流管理、運営など物流会社を成り立たせるために多くの仕事を経験していき、将来的に管理職を目指していきます。

会社の重要な仕事を任されるため、それなりのスキルが無いと厳しいといえます。そのため企業は、採用基準を大卒としているので大卒は有利です!

気になる仕事内容は3つ!

大卒での物流業界の仕事内容は、3つです!

1.営業
2.物流管理
3.倉庫運営

営業

物流会社の営業は、ルート営業です。

すでに取引のある企業の所へ出向いて、自社のドライバーの対応や配送の遅延などがないかの確認や運賃の交渉などを行います。また、クレーム対応も行います。

自社の物流業務が高い品質であることをアピールし、相手の都合に合わせて取引を行っていく必要があります。

営業の仕事は、物流会社の収益を上げるために重要な役割を担っています。

物流管理

物流管理の仕事は、高品質なサービスを提供し続けるために欠かせない仕事です。

高品質なサービスを保つためには、以下の事が必要になってきます。

・品質の向上
・物流コストの削減

品質の向上のためには、商品の配送までのスピードや正確な品物を配送することが大切になってきます。

そのためには、在庫管理や不良品のチェック、丁寧な梱包などを行う事が必要です。

物流コストの削減には、データ管理や正確な伝達を行い、余分な作業を極力減らすことで作業効率を上げる必要があります。

作業を行う人が業務を理解し、効率良く作業するために管理の仕事は重要です。

倉庫運営

倉庫管理は、倉庫内の業務のマネジメントを行い、在庫の管理、倉庫内の人員や設備の管理を行う仕事です。

倉庫内での業務は、商品の仕分けや出荷準備、保管などがあります。

適切な在庫情報の伝達のために、責任者は円滑なコミュニケーションを図らないといけません。

荷物を配送されるお客様のことを考えて、丁寧で迅速な対応が求められるでしょう。

物流業界の仕事にどんな人が向いてるの?

物流業界には以下のような人が向いているでしょう。

・責任感がある人
・効率良く丁寧な仕事を行える人
・チームワークやリーダーシップがある人

物流が滞ってしまうと社会や経済に大きな影響がでてきます。そのため、責任感をもって、仕事をこなせる人は向いているでしょう。

決められた配送時間までに配送を完了するためには、ミス無く効率良く作業することが重要になってきます。

限られた時間で多くの仕事をこなす必要がある仕事であるため、同時に物事を行遂行でき、対応力がある人が向いているでしょう。

作業を効率良くするためには、協力が必要不可欠です。そのためには、周りを引っ張っていけるリーダーシップを発揮できる人は、向いています。

まとめ

物流業界に大卒で就職し、総合職に就くなら大卒は有利です!

大卒での仕事内容は、以下の3つです。

1.営業
2.物流管理
3.倉庫運営

物流業界の仕事に向いてるのは、以下のような人です。

・責任感がある人
・効率良く丁寧な仕事を行える人
・チームワークやリーダーシップがある人

物流業界の仕事は、社会や経済に大きな影響を与える仕事です。

市場規模も拡大し続けており、世の中の人から求められる存在であることも魅力の1つでしょう!!

この記事を通して、大卒で物流業界に就職するイメージが湧いていただけましたら幸いです。

  1. この記事へのコメントはありません。

請求業務/日報管理/データ処理などを安価で代行できます!
物流事務の代行とは?【売上アップ】